東京でヨガを始める時に失敗しないスタジオの選び方や、役に立つ情報

HOME » 今さら聞けないヨガの基礎知識 » 最近のヨガ事情

最近のヨガ事情

ブームの火付け役はハリウッドセレブ

もともとブームの中心だったのは欧米。アメリカ、イギリス、フランスだけでなく、ドイツやオランダ、香港などでもヨガの専門スタジオが続々オープンしているそうです。

中でもアメリカでは、ニューヨークだけでも10万人以上の人がヨガを実践していると言われています。

また、ヨガの専門誌が隔月で刊行されていることからも、アメリカには相当のヨガ人口がいることがうかがえます。

そんなヨガブームの発端でもあり、今なおヨガを実践していると注目されているのは、マドンナやメグライアン、クリスティー・ターリントンやグイネス・パルトロウなどの海外のセレブ。

一番の火付け役はマドンナとクリスティー・ターリントン。

マドンナは、主演する映画でヨガのインストラクター役を演じたり、出産直後のアルバムでヨガ用語である『シャンティ / アシュタンギ』というタイトルの楽曲を納めるほどのヨガ好き。

特に全世界にアシュタンガヨガを広めた存在です。

スーパーモデルのクリスティー・ターリントンは、8種類のヨガに精通しているそうで、今はモデルというよりはヨガのインストラクター状態。

また、TIME誌の表紙でヨガのポーズをとっているクリスティーが紹介されたり、さらにヨガウェアのブランドをスポーツメーカーとタイアップして作ってしまうほど。

メグ・ライアンやグウィネス・パルトロウもヨガに夢中だということはずいぶん知られています。

ハリウッドの女優やセレブのあのスタイルはヨガでキープされているのかもしれないですね。

そんな欧米のブームが日本にも飛び火して、最近では街中でヨガマットを持って出勤しているOLさんたちを見かけます。管理人もその一人であることに間違いないです(笑)。

 
ページの先頭へ
失敗しないヨガスタジオの選び方~東京限定~